アトピーがあるからといって、ニキビ治療を諦めないニキビの対処法

アトピーがあるからといって、ニキビ治療を諦めないニキビの対処法

ほんの数十年前には、アトピー性皮膚炎という皮膚炎を、耳にすることは、ほとんどありませんでした。ですが、近年は周りにひとりやふたりは必ずいるというくらい一般的になりましたね。

 

痒みが出たり、痛みがでたり、とても大変な皮膚炎です。ただでさえ大変ですのに、アトピー性皮膚炎のかたも、やはりニキビは出来てしまいます。

 

アトピー性皮膚炎自体、何が原因となって発症してしまうのか、未だに確かなことは分かっていません。ですが、現在の時点で有力な説としては、お肌のバリア機能が低下したことが原因であるということです。

 

敏感肌の場合も、バリア機能の低下が原因でしたので、やはりバリア機能というのは、お肌にとって非常に大切なものであるということがわかりますね。

 

しかしながら、バリア機能が低下するとは、いったいどういうことなのでしょう。バリア機能が低下したお肌を調べてみますと、「セラミド」という成分が大きく不足していることがわかりました。

 

また、天然保湿因子の不足も激しいそうです。これらがお肌から無くなってゆくことでバリア機能が低下するということになるのですね。

 

それでアトピー肌のかたのニキビ対策ですが、やはりアトピー肌のかたも重要となるのは第一に保湿です。

 

アトピー肌自体も、敏感肌以上にあらゆる刺激に気をつけなくてはなりませんので、お肌につけるものは、極力注意が必要です。アトピー肌は、ニキビができやすい面がありますし、悪化もしやすく、膿を持つニキビになりやすいです。

 

アトピーがあるからといって、ニキビ治療を諦めないようにしてください。アトピーは、自然に治るケースも多いですから、治ってからニキビ痕だけがたくさん残ってしまったということがないように、希望を持ってケアしましょう。

 

他のお肌タイプと同じように、ニキビが膿をもつと痕になりやすいですから、そうなる前に皮膚科で診てもらいましょう。

 

アトピー性皮膚炎ということで皮膚科にかかっているのでしたら、そこの医師にニキビ治療もお願いするのが手っ取り早いと思います。少なくとも、あなたのお肌の状態をよく御存じですからね。

 

自己流で行いますと、余計に悪化する場合もありますから、アトピー肌のかたは、初期のニキビを見つけた時点ですぐに医師に相談しましょう。

page top