ニキビに効果があるビタミンCとビタミンE

ニキビに効果があるビタミンCとビタミンE

もっともお肌に良い栄養素と聞かれた場合、多くのかたが真っ先にビタミンCを挙げることと思います。

 

実際には、さまざまな栄養素が相互作用して健康で美しいお肌になるわけですが、何故かしらビタミンCばかりが重要と思われているようです。

 

もちろん、ビタミンCはビタミンAやビタミンB、ビタミンE、その他の栄養素と同じくらい重要です。どれが欠けてもいけないということですね。

 

そして、そのビタミンCですが、お肌に対してどのような効果があるのかと申しますと、色素沈着を防いでくれるため、シミを作らないことや、お肌をくすませないこと、肌色をワントーン明るくしてくれること、さらにはコラーゲンの生成を高める作用などがあると言われています。

 

そのため、化粧品にもビタミンCが配合されているものが多いですね。

 

一般的にビタミンCは、レモンなどのかんきつ類に多く含まれているというイメージがありますため、ビタミンC入りの化粧品などは少々お肌にしみるように想像していませんか。

 

実際、悪化して膿をもったようなニキビにつけますと、化粧品によってはしみることもあります。そもそも、膿をもつくらい悪化しますと、もうビタミンC入りではなくても、化粧品の刺激でしみる場合が多々あります。

 

化学物質を極力排除しているニキビ用化粧品でお手入れしましょう。

 

ビタミンCを多く含む食品は、みなさま思っていらっしゃる通り、かんきつ類もそうなのですが、圧倒的に多いのがアセロラです。

 

さらに、青汁などに使用されるケール、乾燥パセリ、緑茶、芽キャベツ、ピーマン、ブロッコリー、レモン、キウイフルーツなどです。一回に食べる量を考えますと、やはり果物か野菜から摂るのが良いですね。

 

ビタミンでもうひとつ美肌作りに大切なのが、ビタミンEです。ビタミンEもまた、化粧品に配合される場合が多いです。

 

また、女性ホルモンの分泌にかかわるため、根本的にニキビが出来にくいお肌に導いてくれます。ニキビが出来やすいかたは、欠かさないよう充分に摂りましょう。

 

ビタミンEを多く含む食品は、緑茶、ひまわりオイル、アーモンド、小麦胚芽、大豆、ヘーゼルナッツ、らっかせい、卵黄などです。

 

サプリメントでの摂取ももちろんおすすめですが、食事から摂れるのでしたら、それにこしたことはありません。さっそく今日から食事内容を見直してください。

page top