ニキビのホルモン療法での対処法

ニキビのホルモン療法での対処法

ニキビの最初の段階は、角栓が毛穴を塞いでしまうことによって、毛穴の内部に皮脂が溜まってくる状態です。

 

それがニキビの始まりであり、溜まった皮脂が炎症の原因になります。では、そもそも角栓が毛穴を塞ぐようになってしまうのは、どうしてなのでしょう。

 

それは、実は男性ホルモンの働きが強くなっているということなのです。男性ホルモンは、男性にだけ分泌されるものではなく、女性にも分泌されます。

 

分泌されるホルモンの量には個人差がありますから、多いかたは角栓が毛穴を塞いでしまって、ニキビができやすいということになります。逆に少ないかたは、それほどニキビが多くなりません。

 

ニキビには、洗顔や清潔第一であることは言うまでもないことではありますが、それ以外に、このようなホルモンの事情が大きく関係しているのです。

 

そのため、大人になってもまだニキビがいつまでも出来てしまうかたは、女性ホルモンが優位になるようバランスをとる治療を行うことにより、症状が改善してきます。

 

医師のほうから、そのような提案があるかもしれませんし、なければ尋ねてみてください。根本的な治療ということになりますから、かなりきれいになりますよ。

 

ただ、10代のかたがたは、よほどひどい状態でないかぎり、ホルモン治療までする必要はないと思われます。

 

そのあたりは、皮膚科の医師の判断にお任せいたしますが、10代はホルモンのバランスが安定しない時期でもありますから、ニキビができるのは、ある意味、当たり前ともいえることなのです。

 

徐々に少なくなってゆき、成人を過ぎるころには、きれいに治っている場合がほとんどですから、あまり心配はいりません。そのうえ、近年はニキビ肌用のスキンケア用品も多数、販売されていて、その効果には目を見張るものも多いです。

 

そのようなスキンケア用品を使用しながら、皮膚科にも通い、医師の判断にお任せしましょう。医師が見て、あまりにもひどいニキビだということになれば、ホルモン治療をすることになるかもしれません。
いずれにしても、痕を残さないために大事なことは、指先でむやみに触らないこと。膿を持ったニキビを潰したくなるでしょうが、潰さないこと。

 

なるべくなら、膿を持つ前に皮膚科へかかること、これを守るだけでも後のお肌がずいぶん違いますよ。

page top